魅力的な目元

女性

眼瞼下垂とは、上まぶたが様々な理由で垂れ下がってしまっている状態を指します。原因としては長年のコンタクトレンズの使用、生まれつきのまぶたの形、年齢によるたるみ等様々なものがありますが、いずれいせよ眼瞼下垂という状態にあるということは上まぶたが重くなり、視界が狭まるというデメリットを負うことになるのです。その為、早めに解消することが求められています。この症状を解消するテクニックとして整形手術があり、近年はまぶたの挙筋を引っ張り上げるように縫合することで目元の印象をぐっと変化させる埋没式挙筋短縮法が広く採用されています。この手術はメスを用いないということで女性を中心に人気があるテクニックであり、ダウンタイムが存在しない等の様々なメリットが存在しているのです。

埋没式の場合、重度の眼瞼下垂には採用できない可能性もある為、自分の目元がどのような状態にあるかを知っておくという事が重要になります。

埋没式挙筋短縮法は挙筋と呼ばれる上まぶたの筋肉を縫合によって引っ張り上げ、重く垂れ下がった上まぶたを正常な状態に戻すといテクニックになります。眼瞼下垂を発症する理由に関わらず適用できる手術方法であり、メスを入れずに利用できることから女性を中心に広まっている整形手術となっています。また、埋没式であることから跡が残りにくく、間近で見た場合でも手術痕に気づかないというケースがほとんどである為、安心して利用できるというメリットもあります。そうした魅力的な眼瞼下垂の治療法となっている埋没式挙筋短縮法はより多くの美容整形外科で用いられているテクニックなのです。

切らない手術が一般的になりつつある昨今、こうした埋没式を始めとする縫合をメインとした手術は高い人気を誇っています。そのシステムを活用して効果的に眼瞼下垂や目元の悩みを解消する事で、魅力的な顔立ちを手に入れることができるのです。